今野忠一「奥日光ノ春」日本画

¥670,000 税込
商品コード: k-672
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作品の在庫は1点限りです。

  作者■今野忠一
タイトル■奥日光ノ春
  技法■日本画
 サイン■自筆サイン・印有り。共シール額中に有り。
  状態■新品額付き 良好
絵サイズ■P10号 53.0cm×41.0cm(横×縦)
額サイズ■71cm×59cm(横×縦)

■こんの ちゅういち■
1915年、山形県・天童市生まれ。日本美術院評議員。
児玉希望や郷倉千靱ら日本画の巨匠たちに師事し、故郷の蔵王や月山を始め、多くの山岳や巨木を題材に、前景から背景まで分厚く塗る重厚な作風で知られた。
愛知県立芸術大学で教授を勤めたほか、東北芸術工科大学の名誉教授も勤め、彼の主宰した画塾からは多くの日本画家が輩出された。
院展では大賞はじめ数多くの賞を受賞してきた日本画界の重鎮であった。2006年、逝去。

※この日本画は、作家本人直筆のオリジナル作品です。(真筆保証)

日本画について
日本画は、一般に紙や絹、木、漆喰などに、墨、岩絵具、胡粉、染料などの天然絵具を用い、膠(にかわ)を接着材として描く、千数百年以来続いている絵画様式です。

カテゴリ一覧

ページトップへ